2010年06月08日

<裁判員裁判>「全国初」懲役15年確定へ(毎日新聞)

 近隣住民を刺殺したとして殺人罪に問われ、全国初の裁判員裁判(09年8月)で有罪判決を受けた無職、藤井勝吉(かつよし)被告(73)に対し、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は5月31日付で上告を棄却する決定を出した。懲役15年とした1、2審判決が確定する。裁判員が審理に参加した事件が最高裁で確定するのは初めて。

 上告審で弁護側は「1審は被害者の落ち度を証明する証拠の判断を誤っており、憲法が保障した適正な訴訟手続きを経ていない」と主張。2審についても「裁判員が参加した1審を尊重すべきだ」とした最高裁の研究報告に沿う形で1審を維持したとして「三審制を採る我が国の裁判制度の根幹にかかわる」と訴えた。

 これに対し小法廷は「(憲法違反や判例違反など)刑事訴訟法で規定された上告理由に該当しない」とだけ述べ、実質的判断は示さなかった。4人の裁判官全員一致の決定。

 1、2審判決によると、藤井被告は09年5月、東京都足立区の路上で、近所に住む韓国籍の整体師、小島千枝(本名・文春子)さん(当時66歳)の胸や背中をサバイバルナイフで刺して殺害した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
殺人未遂裁判:被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に
裁判員裁判:殺人罪が傷害致死に…懲役8年判決 水戸地裁
タクシー強盗:19歳米兵に懲役3〜4年の実刑 那覇地裁
裁判員裁判:「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に
強盗強姦:裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁

9月に自殺予防対策セミナー−日精看(医療介護CBニュース)
「首相は辞任を」53%、内閣支持率続落19% 世論調査(産経新聞)
桜島噴火で繁華街に大量の灰、空薄暗く(読売新聞)
橋下知事、新首相に注文「公務員の職員団体に振り回されずに改革を」(産経新聞)
精神医療の在り方で議論―厚労省検討チーム(医療介護CBニュース)
posted by タカヤ マサヨリ at 00:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

巨ニュウちゃんとチュッチュしてきたぁぁぁ!!!!ヽ(゚∀゚)ノ
バックで攻めながら乳もみしたら、ちょ〜エ口い声で喘ぎまくってたYO!!
もう50万近く貯めたけど、当分やめられねーな!!笑
http://cybersyndrome.info/pan/udfcfjnf/
Posted by おぱ〜いデカッ!!!! at 2010年06月15日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。