2010年06月02日

ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)

 南米エクアドル・ガラパゴス諸島で乱獲から唯一生き残り、人間に飼育されているガラパゴスゾウガメ「ロンサム(孤独な)ジョージ」の故郷の島に5月17日、ジョージの発見以来39年ぶりにガラパゴスゾウガメが移入された。近年、島の植物を食い荒らしていたヤギが駆除され、急速に回復した植生を維持するための措置。破壊された自然を取り戻す試行錯誤が続いている。

【ゾウガメの写真も】赤道直下のガラパゴス諸島で、ダーウィンの足跡をたどる

 ガラパゴスゾウガメは同諸島の固有種で、世界最大のリクガメ。ほぼ島ごとに少しずつ種類が異なっている。ジョージは雄で同諸島北部のピンタ島で71年に見つかった。同島のゾウガメは19世紀以降の乱獲で絶滅したと考えられていたため、話題となった。その後同じピンタ島固有の種は見つからず、「ロンサム」のあだ名がついた。

 一方、ピンタ島は人間が50年代に持ち込んだ3頭のヤギが最大4万頭まで増え、固有種の植物を食べ尽くす被害が出た。ガラパゴス国立公園局が03年までにヤギを駆除し、植生は戻った。しかし、植生を維持するには、植物を食べてふんと共に種をまく草食動物が不可欠で、その役目を担っていたゾウガメの「復帰」が決まった。

 ◇ロンサムジョージは故郷に戻れず

 同局によると、移入されたのは、ガラパゴス諸島のどこの島の出身か不明のため自然に戻せず、同諸島サンタクルス島で飼育されていた推定30〜70歳の39頭。移入後はゾウガメに取り付けたGPS(全地球測位システム)などで観察を続けるという。ジョージは発見後、同島のチャールズ・ダーウィン研究所で飼育され、人工繁殖の試みが続けられているため、故郷には戻れない。【奥野敦史】

【関連ニュース】
<進化を分かりやすく解説>ガラパゴスが泣いている 固有種に赤信号
<進化を分かりやすく解説>生物の多様性ってなに? 大量絶滅時代
<写真でたどる>毎日古代生物館
<写真でたどる>レッドリスト「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」
<写真でたどる>「神の鳥」息づく森 中米・コスタリカ

<雑記帳>サル追い払い講習会 栃木・那須塩原の地区(毎日新聞)
初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省(医療介護CBニュース)
電通社員を逮捕=フィリピンパブを違法経営―神奈川県警(時事通信)
地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
首相、続投を確認=小沢氏との会談で(時事通信)
posted by タカヤ マサヨリ at 01:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うしゃぁぁぁ!!!借金完済したぁぁぁ!!!
つか毎日チ〜ンポはめはめしてたら、いつの間にか無くなってたしな!!w

こんなラクな仕事あんならもっと早く教えてくれよって感じだぜwww
http://mp11eg2.aZ.kaSiRa-D.net/
Posted by ちょwwwマジでボロ儲けwww at 2010年06月05日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。