2010年01月28日

シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市(産経新聞)

 大阪府池田市は22日、市立五月山動物園で飼育中のホンシュウジカ18頭について、結核の感染が広がるのを防ぐため、すべて安楽死させると発表した。昨年10月と今月に結核のため1頭ずつ死に、その後の検査で18頭中12頭の感染が確認されたため。五月山動物園は昭和33年、シカのみで開園しただけに、市は「苦渋の決断だった」としている。

 池田市によると、今月8日に4歳のメスジカが結核の疑いで死んだのを受け、残る18頭にツベルクリン反応検査を実施。その結果、12頭の感染が確認された。

 市は昨年10月に2歳のメスが死んだ後も同様に全頭を検査し、感染していた5頭を殺処分したばかりだった。動物に対して投薬治療を適切に続けるのは事実上無理なことから、これ以上の感染を防ぐために全頭の処分に踏み切った。人間にうつる可能性は低いという。

 動物園は20日から休園しており、再開は2月以降になる見込み。

【関連記事】
世界一のノッポ犬、飼い主に抱かれ安楽死 
「安楽死旅行」合法化へ道 難病女性の訴え実る 英国
安楽死法下で初の死亡例 米ワシントン州
【ムツゴロウのいのち万華鏡】寝たきりのゲル…自力で歩かせたい
ルクセンブルクも安楽死を合法化

<星雲>5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)
<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
マニフェスト実現、覚悟はある=11年度以降の予算で−菅財務相(時事通信)
posted by タカヤ マサヨリ at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。