2010年01月24日

<前原国交相>JR不採用問題「早く解決を」(毎日新聞)

 87年の国鉄分割・民営化の際、労働組合の組合員がJRに採用されなかった問題で、前原誠司・国土交通相は19日の記者会見で、与党3党が解決に向けて動き始めていることを明らかにした。

 前原国交相は「長年解決していない問題だ。闘ってこられた方も高齢となり、亡くなった方もいる。一日も早い解決が望ましいとは考えている」と述べたうえで、「何らかの要請、要望があれば対処したい」と話した。

 この問題は、国鉄労働組合(国労)所属などを理由に、北海道や九州の組合員ら1047人がJRに不採用となり、解雇無効を求める訴訟が続いている。

【関連ニュース】
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元
日本航空:前原国交相「更生法」を提示 銀行側応じる意向
前原国交相:「国民新、社民に引っ張られている」と発言
羽田空港:新幹線乗り入れ 前原国交相がJR東海に打診
高速道路無料化:社会実験 曜日限定せず…前原国交相

<米アラスカ湾>20年前の原油残存 タンカー座礁で流出(毎日新聞)
「参院選にマイナス」小沢氏行脚に地方組織戸惑い(読売新聞)
28日に介護ロボットの実演会―全国老施協が市民フォーラム(医療介護CBニュース)
<教師刺殺>卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁(毎日新聞)
替え玉殺人事件で尹被告、検察を批判 結審、28日に判決(産経新聞)
posted by タカヤ マサヨリ at 02:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。